セミナー・イベント
PR

ひふみ投信直販セミナー参加レビュー【投資が初めてでもできる3つの大切なこと】

ひふみセミナー投資がはじめてでもできる3つの大切なこと
ごつこさん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
質問者さん
質問者さん

最近政府や岸田首相が投資を進めるニュースをやっているけど、投資初めた方が良いのでしょうか?最近の投資詐欺ニュースがあり損をしそうで怖いし、勉強しないと失敗しそうで始める事が出来ません。

投資信託「ひふみ」シリーズを運営しているレオス・キャピタルワークスが主催の「投資が初めてでもできる3つの大切なこと」というYouTubeセミナーに参加してみました。

これから投資を始めてみたい。でも、知識なし・経験なしで勉強せずに投資なんてとても出来ないと思っている方には最適なセミナーです。

今後も定期的に開催される予定との事ですので、本記事を見ていただいて気になった方は是非参加してみて下さい。事前に申し込みが必要ですが、無料で参加できますのでお勧めです。

ひふみ投信の無料の口座開設はこちらから

スポンサーリンク

セミナー運営会社紹介

本セミナーは、日本最大級の投資信託「ひふみ」シリーズを運用管理しているレオス・キャピタルワークス株式会社が主催です。

企業理念「資本市場を通じて社会に貢献します」をとても大切にしている会社で、経営陣は当然の事ながら従業員ひいてはステー区フォルダーやお客様まで企業理念が浸透しています。

運用以外でも、ファイナンシャルインクルージョン(金融包摂)貧困や難民などに関わらず、誰もが取り残されることなく金融サービスへのアクセスでき、金融サービスの恩恵を受ける事が出来る環境を目指し、動画配信・セミナー・書籍出版・SNS運用等の啓蒙活動を積極的に行なっている会社です。

社名レオス・キャピタルワークス株式会社
設立2003年4月16日
代表取締役 会長兼社長藤野 英人
投資信託純資産(12本合計.2022年6月時点)1兆5百2億円
経営理念「資本市場を通じて社会に貢献します」
主な事業投資信託委託業務/投資顧問業務
投資信託商品ブランド名ひふみ
レオス・キャピタルワークスホームページ詳細を見る
引用元:レオスキャピタルワークスHP(2022年6月時点)

運用資産は驚きの一兆円越えです。

投資信託「ひふみ」シリーズや、レオスについての詳しい内容は以下の記事にまとめておりますので、気になる方は以下の記事をチェックしてみて下さい。

セミナー講師紹介

はじめてのじぶん資産形成講座

お笑い芸人のさらば青春の光と、投資初心者に向けた資産形成口座で軽快なトークを繰り広げている講師のお二方が、今回のセミナー講師を務めております。

深町 芳(ふかまち・かおり)さん

  • レオス・キャピタルワークス株式会社パートナー営業部所属
  • ファイナンシャルプランナー
  • お金のまなびば!はじめてのじぶん資産形成講座講師

長年銀行行員や独立系FP事務所でお仕事をしており、資産運用のプロフェッショナルです。優しい語り口でとてもわかりやすい説明が私の中でとても好印象です。時折見せる強い語り口が今までの経験を物語っている感じがします。

三田村 英弥(みたむら ひでや)さん

  • レオス・キャピタルワークス株式会社パートナー営業部所属
  • お金のまなびば!はじめてのじぶん資産形成講座講師
  • さらば青春の光のお友だち的存在
  • 深町さんのセミナーに参加し転職を決意した深町さんの秘蔵っ子

上記YouTube内では、いつもさらばからダメ出しを受けているちょっぴり頼りなさそうだけれども仲の良いやりとりは小難しい内容で頭が一杯の状態の視聴者の清涼剤となります。

※本人の名前をクリックするとレオスHPのプロフィール欄確認することが出来ます。

セミナー概要

本セミナーの内容は主に以下の通りでした。

  1. 会社紹介とひふみの目指すものについて
  2. 投資について世間のイメージについて
  3. 投資に大切な3つのこと
  4. ひふみ運用について
  5. 質疑応答

会社紹介とひふみの目指すものについては前項にて紹介しましたので次の項目から紹介して行きます。

投資について世間のイメージについて

投資についてはあなたはどんなイメージをお持ちですか?昨今の芸能人の投資詐欺被害ニュースや仮想通貨の暴落ニュースがあり、投資はギャンブル・損をするのは怖いといったイメージをお持ちではないでしょうか?私も投資を始める前の印象は、投資はギャンブルで損をする。勉強しないと痛い目に合うと思ってしまい、いざ始めたいと思い証券口座を開設しましたが2年間始める事が出来ませんでした。

証券口座を開設する時も、本人確認証を写真で撮影しアップする等の時に、個人情報は盗まれないだろうか?悪用されないだろうか?これは詐欺ではないだろうか?などと悩み中々次へ進めなかった経験があります。

国民のNISAの利用状況等に関するアンケート調査(2016年2月)より投資を行わない理由
出典:国民のNISAの利用状況等に関するアンケート調査(2016年2月)より
ごつこさん
ごつこさん

上の表はセミナーでも引用していた金融庁が2016年に公表した投資未経験者が投資を行わない理由の一覧です。上位3つが主な投資を行わない理由の大半を占めています。

投資を行わない理由の大半はネガティブイメージ

  1. まとまった資金がないから
  2. 投資の知識がないから
  3. 投資は損をしそうで怖いから
めかぶさん
めかぶさん

確かに投資はまとまったお金が無いと成果が出ない気がするし何よりも難しそう。

本セミナーでは、投資未経験者の投資を行わない理由について、しっかりとした回答を提示してくれていました。

投資を行わない理由への答えはあります

  1. 投資信託なら100円~1,000円程度で始める事ができます
  2. 投資信託なら知識経験豊富な運用のプロに任せる事ができます
  3. 長期・分散・積立で損失を小さく出来る可能性があります

ざっくり回答はこんな感じですがセミナーでは詳しく深堀解説してくれています。とは言え、どうしても最初に抱いてしまったイメージは中々拭う事は出来ないのではないでしょうか。でも、100円~1,000程度から始める事が出来るのであれば、騙されたと思って初めて見るのも有りだと私は思います。

この、小額から始めるという事は、実体験から非常に重要なポイントだと感じます。運用を本格的に初めて2年になりますが、最初はやはり数千円からスタートしました。それでも毎日の値動きは気になり、一喜一憂した記憶があります。

当然少しでも損をしたら落ち込む事もありました。そのうち段々値動きにも慣れてきて、投資金額も少しずつ多くなってきました。

小額からコツコツ積立がいつの間にか長期、分散(時間)、積立になり習慣化する理想的な資産形成の方法に育っていくのです。投資とは株を購入する事だけをいう訳ではありません。

自己投資、子供への教育投資、企業の設備投資、等色々な投資があります。それらは損するからとかまとまった資金がないからとか知識が無いからと言って始めない訳はないですよね。

投資とはエネルギーを投入して未来からお返しをいただく行為

引用元:投資家みたいに生きろ――将来の不安を打ち破る人生戦略 P41より

本セミナー主催の最高投資責任者の藤野英人さんはこの様に語られております。未来の自分への投資と考え一歩行動してみませんか。

投資に大切な3つのこと

今回の『「勉強しないと投資を始められない」と思っている方へ 初めてでもできる3つの大切なこと』のセミナーで最も伝えたかった事は以下の3つです。

  1. 長期
  2. 分散
  3. つみたて

いたってシンプルな内容ですが、様々な書籍やネットや動画でも同様の事を繰り返し伝えていますので、で限りなく真理に近いポイントです。5年から20年の長期間時間分散と投資信託を利用した銘柄分散を毎月コツコツ一定金額でつみたて投資する事です。

長期、分散、つみたてとは?

セミナー内では、ひふみ投信につみたてした場合のグラフを用いて解説しており、つみたて年以内では元本割れ確率25%なのですが、つみたて5年以上であれば元本割れ確率1%と長期でつみたてする事でリスクを軽減できることをデータで証明してくれています。

さらに金融庁のデータによれば、国内外の株式・債券に20年分散投資した場合収益率は2~8%に収斂(しゅうれん)すると算出していることが下のグラフを見ても一目瞭然です。投資元本割れリスクは限りなく少なくなっていく事がわかりますね。

国内外の株式・債券に分散投資した場合の収益率の分布
出典:金融庁「つみたてNISAについて」(平成29年6月)資料より
(注)1985年以降の各年に、毎月同額ずつ国内外の株式・債券の買付けを行ったもの。各年の買付け後、保有期間が経過した時点での時価を基に運用結果及び年率を算出している。
めかぶさん
めかぶさん

長期になればなるほど元本割れのリスクが小さくなるのね。長く掛け続けられる程度の金額で投資しないと続かないかもね。

ごつこさん
ごつこさん

めかぶさん、いい事言うねー。目的が長期の老後や教育資金であれば、家計の状況を把握する事と、ある程度の生活防衛資金(現金)を確保しつつ、どれくらい投資資金を捻出し無理のない長期運用する事ができるかが非常に重要だよね。

預貯金と株式と債券等を長期積立分散した場合の効果実績も金融庁データがありました。その結果が以下のグラフになります。

長期・積立・分散投資の効果(実績)
出典:金融庁「つみたてNISAについて」(平成29年6月)資料より
(注)各計数は、毎年同額を投資した場合の各年末時点での累積リターン。
株式は、各国の代表的な株価指数を基に、市場規模等に応じ各国のウェイトをかけたもの。
債券は、各国の国債を基に、市場規模等に応じ各国のウェイトをかけたもの。
めかぶさん
めかぶさん

貯金は平行線じゃないですか。株式債券は振れ幅は大きいけど長期分散積立だと着実に右肩あがりだね。

ごつこさん
ごつこさん

このグラフを見ただけでも資産形成する上で預金だけでの運用では将来が不安ですよね。リスク(振れ幅)を許容しても投資する必要性が感じられますね。

分散は主に二つの意味合いがあります。上記で述べたような時間を分散する。もう一つは銘柄や資産クラスを分散する事です。ちなみに、ひふみ投信の銘柄分散は約250~270の厳選した銘柄へ分散投資しております。直近年初来の銘柄数推移は以下の表を見て下さい。

ひふみ投信
ひふみ投信
22年7月22年6月22年5月22年4月22年3月22年2月22年1月
騰落率
(年初来-1.18%)
2.14%-3.04%0.54%-4.01%4.38%-0.94%-11.70%
現金比率11.67%11.79%9.23%13.85%6.23%4.47%10.72%
大型株63.55%63.29%65.59%60.93%67.70%64.55%54.87%
中小型株22.66%22.64%22.69%22.73%23.57%28.20%31.35%
超小型株2.12%2.28%2.49%2.48%2.50%2.78%3.07%
銘柄数252251240243262264276
基準価額54,309円53,172円54,837円54,545円56,821円54,437円54,955円
2022年ひふみ投信主要数値表

日本で上場している会社数は約3,800社あります。その中から徹底した取材調査により約250社の銘柄へ分散投資しているという訳です。

ひふみ運用について

ひふみが大切にしている事は以下の3つです。

  • 成長企業に投資
  • 守りながらふやす運用に挑戦
  • 顔が見える運用を実践

成長企業に投資

未来は誰にも予測する事は出来ませんよね。当然世の中の株式・投資信託を運用しているファンドマネージャーでも未来は予測できません。となると、成長企業を見分ける事はプロでも大変なのにましてや投資初心者に今後成長する企業見極める事はさらに困難です。

とはいえ、資本主義経済の世界で、今後右肩上がりに成長し続ける事は予測される訳であり、その中には必ず成長する企業がある事も事実です。以下のグラフを見て下さい。

hifumi_eps_per
出典:ひふみアカデミー2022年7月度【ひふみ投信・ひふみプラス運用報告】より
めかぶさん
めかぶさん

英略字3文字きらーい!!

ごつこさん
ごつこさん

確かに世の中にはたくさんの英略があり覚えるのが大変ですよね。株式の世界もご多分に漏れず英略単語がたくさん出てくるので本当に大変です。

TOPIXは聞いたことあるよね。日本の全上場企業の平均に連動した指数なんだけど、株価はEPS(企業が頑張って出した利益)PER(企業の人気)で決まるんだけど、結局人気よりも企業が頑張って出した利益に市場株価は近づいてくって事だそうです。

めかぶさん
めかぶさん

人気で選んじゃダメって事ね。

ごつこさん
ごつこさん

一概にそういう訳ではないけど、プロの投資家はこう言った事を常に考えて、しっかりと利益を出し、市場の変化を取り入れ、成長投資している企業を調査して選んでるということだね。英語三文字で参ってしまっているめかぶさんは投資信託にした方がいいかもね。

守りながらふやす運用に挑戦

ひふみ投信はアクティブファンドなので、お客様から預かった投資資金を守りと攻めを市場の変化に併せて柔軟に対応しているそうです。セミナーでは、2012年から2022年までの以下総額別構成比入りの推移グラフを参考に説明しており、市場リスクが発生した際にどの様な対応したかを明確に示してくれていました。

私は、まだ投資歴も浅く、コロナショック後にひふみ投信の運用開始したため、大きな暴落を経験した事がありません。今までのひふみ投信の歴史を知る術は過去のデータやお話を聞いただけでしかありませんが、コロナショック時に行われた株価暴落を予測し現金比率を上げた行動が本当に驚きました。

【NewsPicksコラボ①】緊急事態で動いた約2000億円現金化の裏側

顔が見える運用を実践

通常の投資信託運用会社は(特に大手)どんな人が私たちの大切なお金を運用しているかなんてわかりませんよね?それってとても不安でないですか?投資信託は文字通り、「投資を信じて託す」です。信頼できるファンドマネージャーや運用会社に任せたいと思いませんか。そうでなければ長期的に投資したいとは思わないはずです。

ひふみでは、毎月、ファンドマネージャーやアナリストがYouTube動画配信で月次報告会を実施しています。もちろん顔出しでしっかりと運用報告してくれますし、市場経済の勉強になる会話も飛び交っておりとても勉強になります。

コロナ禍前は、ひふみが実際に投資している会社への会社見学会も定期的に開かれているそうです。見学会には、実際にファンドマネージャーやアナリストも同行し丁寧に説明してくれる場合もあるそうです。私も一度は会社見学行ってみたいです。

ちなみに2022年6月に私はレオス・キャピタルワークス株式会社へ会社取材訪問に行ってきました。いちユーザーの私に対しても、とても丁寧にそして真摯に対応して下さりとても良い会社だなと思いました。取材訪問レポートは以下の記事をご覧ください。

質疑応答

YouTube内のチャットでの質問内容を運営者とセミナー講師の方が都度チェックしており適宜質問に対して返答しておりました。動画視聴だけではないメリットの一つですよね。質問チャットでのお一人が、「40代からでも遅くないですか?」と言った質問がありました。思わず「私も40代から資産運用・投資を始めました。全然遅くありません。」とチャットでリアクションしてしまいました。

ひふみ投信のセミナーはどうやって参加すればいいの?

ひふみでは、ファイナンシャルインクルージョン(金融包摂)目指すべく、毎月様々なセミナーを開催しています。参加方法やセミナー・イベントチェック方法は主に以下の方法があります。

  • ひふみ直販口座を開設する(口座開設は無料です)
  • ひふみTwitter @rheos123をフォローする
  • ひふみ公式LINEに友達登録する
  • ひふみホームページセミナー・イベントページより申し込む

ひふみ直販口座を開設する(口座開設は無料です)

ひふみ直販口座を開設すると、更に直販限定のイベントやセミナーに参加する事が出来ます。毎月9日付近に開催されるひふみアカデミーでは、投資信託「ひふみ」シリーズの運用報告が配信されています。

実際の運用者とチャットや質問コーナーを通して会話する事が出来、疑問点や不明点を直接問い合わせ出来る仕組みがあります。又、月に一回視聴する事で世界や日本の経済状況や日本と世界の違いなどを勉強する事が出来ます。

毎月口座開設は無料で簡単に開設できます。以下の記事で口座開設方法について詳しく記載しておりますので参考にしてみて下さい。

ひふみ投信の無料の口座開設はこちらから

ひふみTwitter @rheos123をフォローする

ひふみ公式(@rheos123)をフォローすると、セミナー情報の配信も見逃す事がありません。その他に配信している主な内容は以下のとおりです。

  • 本日の基準価額の配信(毎営業日)
  • ニュースリリース
  • レオスの市況解説(毎営業日)
  • ひふみラボnote更新情報
  • 三宅の目(ストラテジスト三宅さんの経済展望)
  • お金のまなびば!更新情報
  • 【Spotify】 佐々木FMのAM系ラジオ更新情報

とにかくたくさんのメディア媒体で世の中の為に発信し続けている会社です。正直私も全てを観きれておりません。

ひふみ公式LINEに友達登録する

hifumi_line
出典:ひふみ公式LINEより

画像のQRコードをスマートフォンでスキャンすると、ひふみの友達登録が出来ます。プッシュ型で様々なコンテンツのお知らせを受ける事ができますので、とても便利なツールです。

ひふみホームページセミナー・イベントページより申し込む

hifumi_seminer
出典:ひふみ公式HPより引用

ひふみホームページには、「セミナー・イベント」項目があり、カレンダー形式で表示されています。気になる内容のリンクをクリックすると、申し込み不要のセミナーやイベントもありますし、申し込み必要なセミナーもあります。定型フォームへ必要事項を記載して送信すると、ウェビナーの参加のメールが届きます。コロナ禍前は対面セミナーや工場見学もあったそうなので、私も落ち着いたら参加したいと考えています。

まとめ:長期・分散・積立

投資とはエネルギーを投入して未来からお返しをいただく行為
目的を持った投資で未来思考で資産形成しましょう!
  • 長期
  • 分散
  • 積立

今回のレビューでは、概要の説明と私が感じたことを記事にしましたが、やはり詳細の説明や熱量は実際のセミナーに参加してみないと感じる事が出来ません。少しでも興味を持っていただけたらひふみの数々あるセミナーに参加して見て頂ければ幸いです。

ひふみ投信の無料の口座開設はこちらから

※本記事は、特定の銘柄や投資方法を推奨するものではございません。くれぐれも投資は自己責任・自己判断でおねがいいたします。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
ごつこさん
ごつこさん
資産形成ブロガー
資産形成歴4年目。総資産2,000万円達成した筆者が家族で楽しく資産形成している実践記事を配信中。「ブログを通じて社会に貢献」を当ブログの理念とし日々邁進。
記事URLをコピーしました