家計簿|資産公開
PR

資産公開|2022年8月40代4人家族投資・家計簿管理術【貯蓄率27%】

2022年8月子育て世代の資産&家計簿公開
ごつこさん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ごつこさん
ごつこさん

こんにちは!ごつこさん(@gotukosan)です。毎月恒例の家計簿と資産状況を公開します。

この記事でわかること

■40代4人家族のリアルな家計簿
■40代4人家族の失敗・成功事例
■家計改善・資産形成の参考に
■投資歴2年目の資産運用状況
■節約術やお得情報、投資情報
■長期分散積立投資の過程
■投資信託ひふみシリーズ運用実績

2022年8月の読者に役立ちそうなトピックは以下の3点です。この3点を見ていただくだけでもあなたが資産形成する際のヒントになる内容ですので是非読んでみてください。

リンクで各項目の見出しに移動することができます。

3年間家族協力して資産形成に取り組んできた過程で役立ったアイテム・サービス・アプリ・本を紹介しています。

スポンサーリンク

ごつこさん一家のプロフィール

初めての方もいらっしゃると思いますので改めて自己紹介します。

  • ごつこさん  40代会社員
  • めかぶさん  40代正社員
  • マリンちゃん 12歳中学生
  • フィン君    10歳小学4年生
ごつこさん
ごつこさん

初めまして!ごつこさんです。キャンプビールをこよなく愛する40代の会社員だよ。日々家族を守るために資産形成に取り組んでます。現在、投資信託「ひふみ」シリーズの企業理念「資本市場を通じて社会に貢献」にほれ込み、投資信託「ひふみ」シリーズの記事も書いてます。「ブログを通じて社会に貢献」を当ブログの理念とし日々邁進中です。

めかぶさん
めかぶさん

こんにちは、めかぶさんです。資産運用についてはめっぽう弱い私ですが、ごつこさんが暴走しないようにしっかりと見張ってますよ。キャンプで料理作るのが何よりも大好きです。

マリンちゃん
マリンちゃん

こんにちは、マリンちゃんです。ごつこさんブログのお絵描き担当です。アイコンは全て私が書いてお小遣い稼ぎしています。もっと上手に書けるかな。

フィンくん
フィンくん

こんにちは、フィンくんだよ。僕の得意技は甘えん坊だよ。好きなものはマイクラたかぎなおこの本だよ。毎日たかぎなおこの本を見ながら眠りにつくのが日課なんだ!よろしくね。

昨年2021年度の資産運用結果は以下のとおりです。
総資産1459万円
2021年貯蓄率33%
年間貯蓄額280万円

1年でこれだけの貯蓄が出来た要因は、コロナ禍で外出・イベント等が無かった事、給付金の影響もありますが、しっかりとした家計管理をする事で家族全員が抑える所は抑える、使うところは使うといった意識を持った生活が出来たからだと思っています。

どうしたらそんなに増やすことが出来たの?と気になる方は以下の記事で詳しく書いていますので参考にしてみて下さい。

2022年8月の収支公開

めかぶさん
めかぶさん

毎月の振り返りはとっても大事

ごつこさん
ごつこさん

我が家はこの記事を元に毎月家族会議を開いてます。子供の金融教育にも役に立つと信じて続けてます。子供たちも少しずつお金について理解してきているので是非ご家庭でもお金の話してみて下さい!

我が家の家計簿作成決まり事

■2022年の年間目標貯蓄率を20%に設定。前年度は33%
■家計簿アプリMoneytreeエクセルを駆使して作成
1年間運用してみて最適な項目設定や予算、貯蓄率を決める
■月々の収支で統一税金等も一括払い
■【食費】外食費含む【教育】習い事 文具書籍含む
■2021年6月より天ポイントを収入として換算
■2020年9月以降、固定費削減に着手済み

我が家が使用している家計簿アプリの紹介記事はこちらです。2021年10月1日より、楽天銀行口座の連携も可能になり更に使いやすくなりました(ただし有料)
家計簿長続きしない方必見!|Moneytreeで無料家計簿継続の秘訣!

2022年8月の収支報告|収入ー支出=¥183,687

2022年8月家計収支表
2022年8月家計収支表

8月の結果は以下のとおりです。

  • 収入:685,190
  • 支出:501,503
  • 収入ー支出:183,678
  • 貯蓄率:27%
ごつこさん
ごつこさん

2022年の8月は残業代が多くもらえた事で、収入がアップしました。その分プライベートの時間、ブログ時間がかなり削られたので、ストレスや疲れも溜まりました。何事もバランスが大事です。

めかぶさん
めかぶさん

猛暑でエアコンが故障して寝苦しい夜が続いて大変だったね。

フィンくん
フィンくん

映画ONEPIECE FILM RED観れたよ。ウタの歌がとても迫力があってびっくりしたよ。

次に、2022年1月から8月までの8か月間の「収入」「支出」「貯蓄率」の集計は以下のとおりです。

2022年_年間収支表(目標値有)
2022年年間収支表(目標値有)

8か月目で貯蓄目標達成率が144%で目標金額を大幅に達成しています。

収入トピックス|収入合計¥685,190

今月収入のトピックスです。

収入部門

■残業¥105,000
■県民共済の払戻金¥6,490

【収入】残業¥105,000

8月は、夫婦そろって休日出勤、夏季休暇出勤による残業のため収入が多くなりました。しかし、子供たちは夏休みなのですが、夫婦そろって休みが無かった為、どこにも遠出することもキャンプすることもできませんでした。せめて美味しいものを食べに行こうとなり、多数決で回転寿司に行くことになりました。

【収入】県民共済の「割戻金」¥6,490

県民共済の「割戻金」が¥6,490戻ってきました。「割戻金」とは、毎年3月の決算で剰余金が生じたときに加入者に払い戻されるお金です。毎年8月末に振り込まれるのですが、月に2,000円程度の掛け金で毎年数百円から数千円戻ってくるので保険としては割安なのでとてもおすすめです。我が家は2年前まで家族4人加入していましたが、家計の見直しをした結果、妻のめかぶさんだけ加入する事にしました。

支出トピックス|支出合計¥501,173

今月の支出のトピックスです。

支出部門

■食費(外食)¥115,046(¥25,277)
■医療費¥21,820
■エアコン故障で8畳タイプ購入¥77,000
■映画(ONEPEACE FILME RED)¥3,100

【支出】食費(外食)¥115,046(¥25,277)ステーキ宮の経営理念がステキ

8月の食費がとうとう11万円を超えてしまいました。私たち夫婦は基本的に仕事の日の昼ごはんは弁当です。月平均で9万円です。主な要因は以下になります。

  • 夫婦で少しグレードの高い回転寿司デート¥4,268
  • 家族でくら寿司¥6,100
  • 兄妹でステーキ宮へ¥2,103
  • 友人との飲み会¥8,000
  • 子供夏休み期間の昼食費用
  • ドラッグストアで食料品と生活用品購入しているため多少混ざっている

8月は家族友人との食事で多くのお金を使いました。節約貯蓄も大事ですが、家族友人と食事をする時は多少食費が高くなってもいいと思っています。その分毎日弁当で食費を抑えているからです。

今回、ステーキ宮に数十年ぶりに行きました。驚いたことが3点あります。

  • 配膳ロボが食事を運んでくれるシステム
  • お肉が柔らかくてとても美味しかった
  • ガーリックライスがおかわり自由でとても美味しかった

もう一度行きたくなるサービスレベルだと思いました。ステーキ宮は、株式会社アトムの運営しているブランド店で、居酒屋の「いろはにほへと」や「寧々屋」、カラオケ「時遊館」が系列ブランドとしてあります。

株式会社アトムの企業理念は「すべてはお客様と従業員のために」です。配膳ロボを活用した従業員のための徹底した効率化や、ユーザーファーストのコスパ良いサービスなど、実際にサービスを受ける事で、会社の企業理念が浸透しているかどうかの判断材料になりますね。

そんな株式会社アトムは、東証「スタンダード市場」に上場しています。株主優待が魅力の人気銘柄でもあります。100株以上の保有で系列店で使用できるポイントが2,000ポイント貰うことができます。権利確定日は3月末と9月末です。私はまだ保有していませんが、外食産業の株主優待券は、外食好きで外食産業を応援したい人には魅力的な投資ですよね。

【支出】医療費¥21,820

家族で、定期的に大学病院に通院必要がある為に、毎月の医療費と薬代は平均で¥9,000程度かかります。CTやMRIの検査をすると、一回の受信料で¥8,000程度かかります。医療保険は格安の県民共済、会社の共済会で加入していますが、入院するわけでは無いので給付金は出ません。やはり我が家では医療費は基本的には貯蓄で対応するのが良いと現状結論付けています。

医療費が家族で10万円を超えると、医療費控除を受ける事ができます。毎年10万円超える為領収書を貯めていましたが、マイナンバーカードが保険証代わりになり、オンライン請求できる病院で受診する事ができれば領収書は必要なくなりますが未だ現段階ではオンライン請求に対応している病院や薬局ばかりでは無い為領収書は一年分保管しております。

【支出】エアコン故障で8畳タイプ購入 ¥77,000

このくそ熱い夏場の真っただ中、我が家の2010年式の寝室に設置しているエアコンがついに故障してしまいました。前兆はありました。昨年くらいから時々タイマーLEDが点滅して送風が出ない現象がたまにありあした。その都度、電源をコンセントから抜いてしばらく放電させた後、再度コンセントを指して稼働させると正常起動していたので何とか凌いでいましたが、今回ばかりは何度試しても送風しないため、電気屋に修理の見積もりをお願いしました。

結論、室外機の基盤故障の可能性が高く、年式も古いため部品供給不良との事。最近の電化製品はメーカーの部品保有期間がどんどん短くなっているらしくある程度年数が経っての故障は買い替えるしかない状況のようです。12年も使用できたことに感謝しつつ、あきらめてエアコンを購入する事にしました。

我が家の寝室は8畳で、主に寝るときしか使用しない部屋なので、8畳タイプのエアコンを購入しました。少しでも安く購入するためにやった事は以下のとおりです。

  • 型落ちのエアコンを購入
  • メーカーは問わない
  • エアコンは大型量販店で購入
  • 量販店提携の知り合い電気やに設置を依頼

特にエアコンメーカーにこだわりはなく、そこまで性能の違いがなければ量販店のアドバイザーに聞いてお買い得商品を紹介してもらいました。友人に量販店と設置工事提携している電気屋がいるため、事前に連絡して標準工事以外は電気店に直接支払いする事で少しばかり工事料金を値下げできますし、友人の売上にも貢献できます。

【支出】映画(ONEPIECE FILM RED)¥3,100

40代の私にとって、ONEPICEは学生時代から長年見ていた漫画の一つです。そんな私にも子供ができ、子供もONEPICEを見るようになり、同じ話題を共有できるようになりました

  • 家族で行く場合は映画割引DAYを狙っていく
  • 家族で見ると思い出になる
  • イオンシネマのねらい目は1日、月曜日、レイトショー
マリンちゃん
マリンちゃん

映画とても楽しかったね!家には単行本80巻までしか無いから続きが欲しいな。

フィンくん
フィンくん

僕は途中、ウタがどうなってしまうのかと思って、怖くて直視できなかったよ。

ごつこさん
ごつこさん

フィンくんは本当に怖がりだね。漫画本は是非続きを買いましょう!

結局、本屋さんを数軒はしごして、全巻揃える事になりました。

2022年8月の資産公開|総資産 1,601万円

総資産 1,601万円

2020年9月から2022年8月までの総資産推移グラフ
2020年9月から2022年8月までの総資産推移グラフ

上記のグラフは1年11か月の総資産推移です。

ごつこさん
ごつこさん

教育費、老後資金が不安で始めた資産形成ですが、1年11ヶ月の短期間で6百万円の資産を増やす事が出来たのは何よりも家族の協力のおかげです。

資産運用を計画し本格的に始めたのは2020年9月でした。当時の資産比率は現金と保険が資産の全てでした。そこから1年7か月が経過し、総資産・投資比率は右肩上がりでした。子育て世代は、教育資金や、生活防衛費、医療費、突発的な出費など現金が必要な時期のため投資に全振りは出来ません。少しずつ着実に投資資金を増やしていきました。

以下の理由で現金保有を厚めにしています。投資商品の中には米国長期国債ETFや、アクティブファンドを組み合わせる事により値動きの違う資産を組み入れる事での分散効果と暴落時の安全パイも組み込んでおります。

2022年8月現在の資産運用実績は以下の通りです。

  • 総資産1,601万円前月比102.3%で前月比36.3万円
  • 2022年8月時点の貯蓄率29%

2022年1月から8月までの8か月間の「収入」「支出」「貯蓄率」の集計は以下の通りです。

2022年_年間収支表(目標値有)
2022年年間収支表(目標値有)

貯蓄目標達成率が半年経過時点で127%になり目標金額を大幅に達成してしまいましたので目標金額を修正する予定です。

ごつこさん
ごつこさん

8月は収入が多かったのですが、その分エアコン故障、食費・外食費・買い物・医療費がかさみ、思ったほど貯蓄率が伸びませんでした。それでも貯蓄率28%をキープ出来たので満足です。

年間目標値は前年度の収支から今年想定される大きな支出の増減、収入の増減を大雑把に予想し決定しました。2022年度は諸事情があり、旅行や家族に対してお金を使おうと決めていた為貯蓄率を少なく見積もっています。

これからつみたてNISAiDeCoなどの非課税制度を使って投資を始めてみたい方、子育て世代で資産形成に取り組みたい方、是非、ご自身のリスク許容度を図った上で小額から投資を始めてみて下さい。コツコツ実践すれば必ず結果はついてきます。

一緒に頑張りましょう!

全体の資産比率|現金28.9% 保険21.9% 投資49.2%

2022年8月資産クラス別比率
22年8月22年7月22年6月22年5月22年4月22年3月22年2月22年1月 21年12月 21年11月 21年10月21年9月21年8月21年7月21年6月21年5月21年4月21年3月20年9月
投資49.2%47%48%42%40%36%33%32%32%26%23%20%15%14%14%9%6%4%0%
現金28.9%31%28%34%56%40%42%43%43%47%50%52%57%58%56%61%63%53%36%
保険21.9%22%24%24%30%24%25%25%25%27%27%28%28%28%30%30%31%43%64%
月別資産比率推移
  • 現金比率が2.1%減少
  • 投資比率が2.2%増加
  • 学資保険は毎月3,000円増のフェーズ。年利換算で約1.21%

投資継続と成功の秘訣アセットアロケーション(資産配分)にあり!とも言われるくらいとても重要な要素です。毎月しっかりとリスク資産の比率を確認し、現金比率を極端に減らさずにいる事で、追加投資の余力を残し心の平穏を保てる配分の維持を目指します。

投資実績|8月投資額¥456,082

我が家の投資方針は以下のとおりです。

投資の世界では有名な戦略の、『コア・サテライト戦略』で資産運用を考えてます。

コア(中核):守りの資産
つみたてNISA、ジュニアNISA、iDeCo、米国ETFは守りの資産として全世界株式や、全米株式インデックスをメインにします。
サテライト(衛星):攻めの資産
日本の個別株、仮想通貨を攻めの資産として、投資金額の20%以下で運用します。現状、攻めの資産は4%以下のため、今後勉強しつ攻めの資産を増やしていく予定です。

運用方針つみたてNISA(コア) ジュニアNISA(コア) iDeCo (コア)米国ETF(コア) その他投資(サテライト)
投資目的老後資金 教育費用 教育費用  子供への相続 老後資金 節税対策 キャッシュフローの改善 少額からの投資経験
投資対象 全世界・S&P500 VTI VT SBI・Vシリーズ SBI雪だるま VYM SPYD HDV 日本個別株、投資信託スポット購入
投資方法 毎月定期積立 タイミング投資
定期積立
毎月定期積立 タイミング投資 タイミング投資
運用期間 20年 成人まで(10年以上) 15年 ホールド ホールド
積立金額 年間40万(月約3.3万)×2 年間20万×2 3年120万 年間18万円(月1.5万円) 規程なし 規定なし
備考 52歳頃 債券多めの比率に変更 SBI証券で口座開設
円貨決済しかできない
年金保険解約金財源
2021年7月スタート
2022年5月企業型DC加入により一時休止
外貨決済
ViX指数20以上購入を目指す
機会損失を避け小額投資も実施VYM60% HDV20% SPYD20%
安定型ポートフォリオ目指す
SBIネオモバイル証券
SBI・Vシリーズ
ひふみ投信

仮想通貨勉強として今後検討
資産全体の5-20%程度
ごつこさん一家の投資方針

2022年8月は合計で¥456,082投資しました。改めて合計で見てみるとちょっと追加投資しすぎた感があります。月間投資の内訳は以下のとおりです。

投資枠投資金額
つみたてNISA①33,333
つみたてNISA②33,333
ひふみ投信45,000
ジュニアNISA①89,973
ジュニアNISA②89,973
ETF39,986
日本個別株114,484
投資信託10,000
合計456,082
2022年8月投資額

つみたてNISA、投資信託、ひふみ投信、ジュニアNISAの一部は毎月一定額の積立投資です。毎月131,666円積み立ての他に適宜追加投資しています。 iDeCoは現在拠出停止中です。

米国高配当ETF ¥39,986

ごつこさん
ごつこさん

高配当ETFの購入は、値下がり時暴落時の購入がセオリーです。最近は円安の影響で円をドルに換金するのをためらってしまい購入する事が出来てませんでした。8月も主要高配当ETFの価格が上昇してきた為、購入を見送りました。VGLTを少し購入しました。

年間配当金は以下のとおりです。

月別日米配当金推移
月別日米配当金推移

適宜追加投資しているため、配当金は毎年右肩上がりになる予定です。基本的には再投資しますが、収入の一部になってくれているので大変ありがたいです。

次回の配当月は9月です。日本の株式銘柄で9月配当月が多い事と米国ETFも配当月が多いため1か月後のお楽しみですね。

つみたてNISA ¥66,666

  • 目的は老後資金、教育資金、サイドFIREを目指す為の土台
  • 2021年から夫婦二人分40万×2=80万積立設定済み
  • 投資先は、米国と全世界約半々

つみたてNISAの詳細については以下の記事をご覧ください。

2022年8月までのつみたてNISA2口座分の結果は以下の通りです。

  • 合計運用益+160,717円+130,096円
  • 合計評価損益率10.51%
  • 前月比123%

8月は何といっても末に開かれたジャクソンホール会議のFRBパウエル議長の発言で潮目が変わりました。私が投資している投資信託「ひふみ」シリーズの月次報告会議の要約記事を見ると、8月の市況が分かりますので是非見てみてください。

SBIネオモバイル証券|日本個別株 ¥114,484


SBIネオモバイル証券の魅力は何といっても1株単位から購入出来る事です。
チャート分析も企業分析も未だ何もできませんが、身銭を切って学ぶ事が一番の近道と思い始めてみました。

しかし、最近SBI証券でも、単元未満株の買い付け手数料を実質無料にするという施策を打ち出しており、今後の株式移管材料にもしたいと考えてます。

  • 目的は勉強の為の少額投資、キャッシュフローの改善
  • 高配当株メイン(バリュー株)
  • 魅力的で応援したい、継続した利益が出せる企業を見つける(グロース株)

22年8月日本個別株ポートフォリオ

出典:43juni

こんな感じです。この円グラフは、43juniというWEBベースのアプリを使用させていただいてました。このアプリ一番の魅力はセクター(業種)別を簡単にグラフ化してくれる所です。このグラフを見るだけで分散投資されていることが一目で分かります。日本の配当金は、配当金控除(総合課税)という制度があり、年収695万以下であれば控除した方が有利との事なので、為替リスク軽減、円での配当目的で今後も適宜買い足ししたいと思います。

8月は6回に分けて適宜以下の10銘柄を購入しました。特定の銘柄に極度に投資するのではなく、業種分散・銘柄数分散・時間分散を心掛け主に高配当銘柄と応援銘柄を購入しています。

  • アサヒ‐HD(5857) 10株
  • 三菱UFJ-FG(8306)5株
  • アマダ(6113)10株
  • スノーピーク(7816)6株
  • 日本空調サービス(4658) 12株
  • ULSグループ(3798)5株
  • 蔵王産業(9986) 4株
  • 日本電信電話(9432)2株
  • SBI-HD(8473)5株
  • オリックス(8591)5株

現在購入銘柄数は23銘柄です。1銘柄も単元化(100株)してませんがコツコツ分散投資し買い増ししていく予定です。只今絶賛個別株購入する為の勉強中です。ごつこさんも参考にしているお勧めの本がこちらです。

登録人数35万人越えの大人気投資家youtuber【投資家】ぽんちよさん著書の式投資のトリセツ本です。

初心者向けで、株式投資に特化した本です。体系的に投資について学ぶ事が出来、テクニカル分析、ファンダメンタル分析、投資の心得等、短期・長期取引や個別株投資でも活用できる内容になっております。初心者にもわかりやすく、表やグラフ、図を使って難しい用語も解説してくれてます。

iDeCo【企業型確定拠出年金(DC)に加入のため拠出停止】

iDeCoの運用方針は以下になります。我が家のiDeCoはSBI証券で運用しております。

2022年8月iDeCo

引用元:SBI証券ideco

引用元:SBI証券iDeCo

iDeCo2022年8月時点での運用結果は以下の通りです。

  • 運用益-21,511円
  • 評価損益率12%

7月より出金停止になっているため掛け金の追加はありません。しかし10月より制度が変更になりまた投資できる予定なので、iDeCo用の掛け金はコツコツ貯蓄している状況です。

iDeCoは所得や掛け金によって、各世帯の控除額が変わってきます。SBI証券のホームページには、『かんたん節税シミュレーション』がありますので、是非ご自身のご家庭でもしiDeCoをした場合、控除額がいくらになるか算出してみて下さい。

そんなお得な事ばかり言って、デメリットは無いの?と思われるかもしれませんがデメリットもちゃんとあります。

  • 原則60歳まで引き出し不可
  • 加入時の手数料として2,829円
  • 口座管理手数料171円/月

iDeCoは老後資金対策ですので、60歳引き出し不可の制約が無いと長期的な運用は不可能であろうと政府が考えたのではないでしょうか。逆に資金ロックがあった方がどうする事も出来ないため、先取り貯蓄間隔で実施する事ができますね。

急な出費の場合に引き出し出来ないからという理由にならないためにも生活防衛資金は確保した上で無理のない金額から始める事が良いかと思います。年に一度掛け金の変更も可能ですし、一時的に「加入者資格喪失書」を提出して、一時的に掛金の支払いを止める事もできます。ただし、口座の管理手数料171円/は発生します。

iDeCoチェックポイント

■初月は、2か月分まとめて拠出になるので2か月分口座に入金忘れずに
■初月は運用管理費用が2,829円かかるのでマイナススタート
■iDeCoの目的は老後資金。毎月の上げ下げは気にせず運用。

ごつこさん
ごつこさん

SBI証券のiDeCoは運営管理費用が0円※1で、使用品ラインナップも豊富でお勧めです。資料請求は無料なので以下のリンクから資料請求できます。

\ まずは資料請求から!/
【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

※1:国民年金基金等に支払う費用は別途発生いたします。

iDeCoついに拠出停止になりました。

7月にとうとう拠出停止になってしまいました。

と、いうのも”めかぶさん”のiDeCoで運用していましたが、”めかぶさん”が4月より正社員になり、会社の企業型確定拠出年金に加入した事により、現在の制度では企業型DC(マッチング有)とiDeCoが併用不可の為、5月にiDeCoの拠出停止申請をしておりました。7月になり、ようやく拠出停止になったため、その分別の銘柄に投資しようと考えております。

2022年10からは制度改正に伴い、併用可能だそうなので、再開を検討しております。

ジュニアNISA ¥179,946

ジュニアNISAは毎月定期購入とスポット購入の二軸で投資しています。投資期間は2022年と2023年の2年間有る為なるべく資金を入れていく予定です。

我が家の投資銘柄は以下の3銘柄になります。それぞれ用途を分けて運用しています。

  1. SBI-SBI・V・全米株式インデックス・ファンド
    用途:子供の教育資金として
  2. VTバンガード トータル ワールド ストックETF
    用途:子供の教育資金、子供への贈与、配当の勉強として
  3. 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(通称オルカン)
    用途:子供の金融教育として(子供のお小遣い・お年玉

2022年8月ジュニアNISA①
2022年8月ジュニアNISA①
2022年8月ジュニアNISA②
2022年8月ジュニアNISA②

ジュニアNISAは2021年に子供二人分口座開設しました。したがって投資可能額は以下になります。

  • 2021年 買付余力160万円➡160万円満額投資完了
  • 2022年 買付余力160万円➡138万円投資中
  • 2023年 買付余力160万円
  • 3年合計480万円投資可能

投資可能期間が短い為、個別銘柄への投資ではなく、米国ETF(VTI)や全世界VT等の長期で運用に適した銘柄を選定して運用してます。

2022年と2023年で320万円投資可能枠がありますが、子供が高校進学するまでが貯め時と考えて全力で資産形成に取り組み、投資資金を捻出していきます。

ひふみ投信(レオス直販)¥45,000

ひふみシリーズを投資運用会社から直接購入できると知り、直販の口座開設しました。

きっかけは、「お金のまなびば!」というyoutubeから藤野英人さんという人物を知り、書籍を購入し、考え方に感銘を受けたからです。日本人はお金に対して不真面目という言葉に非常に目を背けたくなる半面納得感がありました。投資の本質を学ぶ事が出来ます。8月に口座開設しました。初回積立開始は10月です。

今はグロース株(成長株)が弱い時期なので、ひふみは「ひふみの要塞を構築した」という表現から今後の相場に向けた対策を講じております。

ひふみ直販のサイトには、運用実績のグラフ等のUIがありませんので、自作でグラフを作成しています。以下の記事では我が家の各銘柄別運用実績報告毎月開催のひふみ運用報告会の要約を毎月追加更新しています。気になる方は是非チェックしてい見て下さい。

アクティブファンドは確かにインデックスファンドに比べて信託報酬も高く、過去を見るとインデックスファンドに勝てるアクティブファンドは数少ないという事は分かった上で投資しています。私は以下の理由でひふみに投資しています。

ひふみ投信の無料の口座開設はこちらから

まとめ:貯蓄率単月27%、8か月平均貯蓄率29%

貯蓄率単月27%、8か月平均貯蓄率29%
  • 総資産1,601万円前月比102.3%で前月比36.3万円増
  • 2022年8月時点の貯蓄率29%
  • 月間投資額合計¥456,082
  • 家電製品故障に備えた貯蓄は大事

2022年も8か月経過、倹約生活を楽しみながらコツコツ資産形成しましょう!

それではまた、ごつこさんでした。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
ごつこさん
ごつこさん
資産形成ブロガー
資産形成歴4年目。総資産2,000万円達成した筆者が家族で楽しく資産形成している実践記事を配信中。「ブログを通じて社会に貢献」を当ブログの理念とし日々邁進。
記事URLをコピーしました